デッキ紹介 珍妙なジビエを使ったデッキ

『CODE OF JOKER Pocket』をご利用いただき、ありがとうございます。

今回は新カードを使ったデッキ、「珍妙なジビエを使ったデッキ」を紹介したいと思います。

こちら、キューヘー3分クッキングの第6回で紹介されたデッキとなります。

先に動画の方を見ていただけると、より分かりやすいので、よろしければ見てみてください.

キューヘー3分クッキング 第6回「珍妙なジビエを使ったデッキ」

 

 

デッキレシピ

番号 カード名 枚数 番号 カード名 枚数
B-003 バグダルマン 3 1-018 ブロックナイト 3
1-001 デビルウインナー 3 1-023 紅蓮の魔導書 2
1-003 風紀委員マコ 3 1-027 学びの庭 3
1-006 裁きのマーヤ 3 B-080 ニードルヘル 2
2-004 スターフィッシュガール 3 2-081 チェインフレイム 1
2-014 絶望の天魔アザゼル 3 1-092 トリックオアトリート 3
2-010 蠅魔王ベルゼブブ 3 2-068 人身御供 2
B-040 ハッパロイド 3

 

 

マリガン基準

・先行のマリガン基準:1-003 風紀委員マコ

2CPと先攻で出すのに適しており、悪魔ユニットを引くことができる優秀なアビリティを持ったカードです。

 

・後攻のマリガン基準:1-003 風紀委員マコ1CPの珍獣ユニットカード

後攻の時はCPが3ありますので、CPを使い切れるように珍獣ユニットカードも手札にあると良いです。

B-003 バグダルマンは例外でオーバークロックした時に強力なアビリティを発動できるユニットです。

CPが余っていてもB-003 バグダルマンは出さずに温存しましょう。

 

 

デッキのまわし方

カードをドローするアビリティを持ったユニットとトリガーカードでデッキからカードをドローしまくりましょう。

同名のユニットカードはオーバライドしデッキからどんどんドローしましょう。

ユニットを軽減のためにトリガーゾーンにセットする時、手札の枚数を調整するために捨てるときなどは、基本的にもうオーバーライドできないカードにしましょう。

デッキの残りをしっかり把握し、オーバーライドをできるカードを残すのを意識することが勝利の鍵となります。

 

 

オススメコンボ

B-003 バグダルマン+2-081 チェインフレイム+2-014 絶望の天魔アザゼル

B-003 バグダルマン+2-081 チェインフレイムのコンボで対戦相手のレベルが1のユニット全体に7000ものダメージを与えることができます。

さらに2-014 絶望の天魔アザゼルでアタックするとレベル2以上のユニットにも8000ものダメージを与えることができます。

 

2-004 スターフィッシュガール+2-010 蠅魔王ベルゼブブ

5000×4のダメージを与えられる強力組み合わせです。

2-004 スターフィッシュガールで対戦相手のユニットが1体になるようにダメージを与えることができれば、2-010 蠅魔王ベルゼブブの10000ダメージを与える効果も有効的に使うことができます。

 

 

オススメジョーカー

トリックフィンガー

珍獣デッキにおいて、カードを引きデッキを回すというのは何よりも重要なことになります。

溜まるのが早く、カードをドローするトリックフィンガーは最も相性の良いジョーカーと言えるでしょう。

 

ライズ&シャイン

珍獣デッキが苦手とする、BPダメージに強いユニットや【加護】が付与されているユニットなどを、まとめて消滅させることができるジョーカーです。

オーバークロックしたユニットは召喚したターンにアタックすることができるので、ライズ&シャインの後にライフダメージを奪いやすいのも相性が良いです。

 

 

以上にて、デッキ紹介 珍妙なジビエを使ったデッキを終わります。

キューヘー3分クッキングも随時更新して参りますので、お楽しみしていてください。

今後とも『CODE OF JOKER Pocket』をよろしくお願いいたします。

それでは、よきエージェントライフを!